FC2ブログ

リンパ浮腫の勉強

アバスチン+パクリタキセル 3クール12日目

今日は通院している病院で開催している乳がん・婦人科系患者の会へ参加してきました。
以前からあったのですが、なんだかんだで初めての参加。
今回のテーマがリンパ浮腫ケア。
私は右腕のリンパ節を郭清しているのですが、もう左腕に針が刺さりにくくなり、
採血だけ右手を使っています。
そのこともあり、せっかくの機会なので、リンパ浮腫のことを学びたかったからです。

場所は病院の最上階にある食堂。
少し早めに到着し、受付をし、時間まで座って待ちます。
初めてなのでドキドキしていましたが、
隣にいらした方がとても気さくに話してくださり、ほっ(^○^)。来てよかった。(早い)

時間になり、師長さんによる講義スタートです。
分かり易く、かつリラックスした話ぶりで、1時間はあっという間でした。

私がなるほどと思ったのは以下のとおり。
・リンパ抹消には「蓋」のような物があり、この蓋を開いて流れを良くすることを意識してマッサージをする。
・郭清している場合は、リンパ浮腫進行度は0期。早期のケアが必要。
・リンパドレナージは予防はできない。症状が出たら自分のページで行ってみる。
他にも意識していなかった蜂窩織炎や、弾性着衣のお話などもありました。

1つ気になったのは、「積極的に身体を温めない」こと。リンパ液が多く生成されるためだそうです。
普通に温泉に入るのは問題ないそうですが、サウナなど我慢してしまうのが良くないみたいです。
以前、鎖骨にあった癌部分にカイロを貼り続けていたので、、これも良くなかったのかも・・・。

講義が終わり、休憩をはさんで、後半は茶話会。
気が付くと、スタッフの方を含めて、20名程度になっていました。
最初に自己紹介。
幅広い年齢、症状、状況の方がいらっしゃいましたが、「癌」という病気は同じ。
同じ病気でも、こんなに色々違うものなんだなーと不思議な感じでした。
ある種の一体感とはこういうものなのかもしれませんね。

楽しい茶話会はあっという間に終わり、
それでも名残惜しく立ち話などをして、帰路につきました。

こういった会を催してくださった病院やそれをサポートしてくださった皆様に、感謝です。
もっと早く参加すればよかったですー。
次回も機会があえば、ぜひ参加したいです!


↓ここをクリックいただけると、再発にも立ち向かえるかも。

乳がん ブログランキングへ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)