FC2ブログ

腫瘍マーカー、反応せず

アバスチン+パクリタキセル 2クール8日目
今朝の血圧は 上:108、下:69。通常の数値。

今日は点滴の日。
診察、点滴の時間はともに予約が入っているのに、何故か1時間前に到着する勢いで出発。
にもかかわらず、、、降りるボタンを押し忘れ、次の停留所まで行ってしまいました。(^▽^;)
でも数百メートルしか離れていないため、徒歩ですぐ病院へ。早く来て、良かったー。

受付済ませ、再度血圧測り(通常値)、検温。
このとき、体温は36.9度と私にとっては微熱のはずが、自覚症状は全くなし。これも温活効果??
予約時間通りに呼ばれ、体温と伝えたが、「そうですか」と素っ気ない返事。
でも、血圧が低いのは喜んでいただきました。分かりやすい先生です。(笑)
血液検査の結果は、白血球:2.7L、好中球:47.8%。先週より微増してものの、低空飛行。
でも、予定通り点滴決定。
この時、先生が、
「たぷさんは腫瘍マーカーが上らないんですよー。」
「下がらない」ではなく?と思っていたら、
「腫瘍マーカーに出ないので、抗がん剤が効いているかどうかが分からないんですよ。」
とのこと。
つまり、癌がばっちり写ってても、腫瘍マーカーが上らず、抗がん剤をしても下がることがない。
腫瘍マーカーはあくまでも参考値で一喜一憂する必要はないものの、
判断する手掛かりは減ってしまうのはちょっと残念。
血液検査だけで癌が再発した可能性が分からないため、毎回CTやらをしなくてはならないのだろうか、、。

帰宅して手元にある検査結果を確認したところ、、、確かに基準値を上回っているものはありませんでした。
ちょっと面倒だけど、しっかり検査することになるので、見落としは減るに違いない。
検査時も私は横になっているだけだし。(^○^)

化学療法室は混んでいて、別途はすべて埋まっていました。お盆前だからかなー。
したがって今日は初めてのソファ。1名用だけど、角度もいろいろ変えられるし、
限りなく水平にして眠ることも出来るタイプでテンション上がります。v( ̄ー ̄)
私は基本読書(漫画)をするので、実はソファのほうがありがたい!
今まで、化学療法室に行くと、ベットを指定されたので、病院側の事情のあるのだろうと思い、
良い患者として、黙って従っていました。
看護師さんの話だと、ほとんどの人がベット希望のため、出来るだけベットにしてくださっていたそうです。
ううっ、すれ違いー。次からはソファを希望しまーす。

話は戻り、肝心の点滴。
針は1度で入りました!今日はパクリだけの日なので早めに終わって、出社できるーと思っていたら、
人が多いせいで、なにかと時間がかかってしまい、先週と同じくらいにでしたー。はは。

去年の抗がん剤(AC、タキソテール)では点滴後に会社に行くなんて考えられなかったけど、
今はそれが普通になりつつあります。(疲れ易かったりはしますが。)
薬や薬との相性?で変わるものですね。もしかして、漢方のお陰かもしれません。

点滴終わり、会計し、なんか移動が面倒になり、タクシーで会社まで移動しましたー。
運転手さんがすっごい無口かつ、行き先を確認する声も小さかったけど、早く到着しました!よかったー。



↓ここをクリックいただけると、再発にも立ち向かえるかも。

乳がん ブログランキングへ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)