FC2ブログ

手術は無事終了!

手術が無事おわりました〜。

手術前に、先生と看護師さんがそれぞれ挨拶に来られました。
10時40分くらいに、夫とお姑様が来てくれました。
すると、急に看護師さんが駆け込んで来られて、
「これから手術です!」
となりは、バタバタ準備です。
まあ、準備と言っても私は身一つですが ^^;。

別フロアにある手術室へは私も歩いて移動しました。
手術室では、担当の先生が私の前の方手術が終わった直後で、家族へ説明しているところでした。

私は本人確認された後、手術台まで歩いて、自分で登りました。
横になり、厚手のバスタオルを掛けられます。上下とも、電気毛布なのかとても暖かいです。

そして浴衣、下着を脱いで、素っ裸状態です。

手術室の看護師さんが何度も
「台が狭くてすいません。」と謝っていましたが、
手術台は広々しているほうが、処置しにくいと思うので全く気になりません。
他の病院と比べて、ということなのでしょうか…?

横になった後は、点滴、心電図、酸素マスクが付けられます。
そして、
「点滴から麻酔をいれまーす。」と、何かを注入した模様。
全然眠くならず、うとうともしないなぁと思った直後、
目が覚めたら自分の病室でした。

すいません。したがって手術中の様子は一切分かりません。(当然か^^;)

病室では夫とお姑様がおり、時間は2時時半とのこと。
もう先生の説明も聞いた後だったようで、
予定通り3時間くらいで終わった模様。
先生曰く、手術は問題なく終わったとのことでした。

想像していたよりも麻酔は残っておらず、頭ははっきりしています。
ただ、挿管していたため、声はかすれ気味です。

定期的に体温と血圧を測ります。
少し微熱はありましたが、問題はなさそうです。

この日、少し寝ては覚めを繰り返していました。
夫は遅くまで付添ってくれていました。
やはり安心するものですね!

一度だけ痛み止めをもらって、
記念?すべき手術日は終了です。

ふう〜、やれやれ。


↓こちらをクリックいただけると、毎日の励みになります!

乳がん ブログランキングへ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)