FC2ブログ

検査と診察と点滴。

アバスチン+パクリタキセル 1クール15日目
副作用は口の中が全体的に浮いている感じ。
あと、気のせいかもしれませんが、手足、特に足首からつま先にが重く感じることがあります。
ここ数日、軽い眩暈を感じていたので、もしかしたら白血球が下がってるのかなー。

昨日が祝日だったため今日は検査と診察&点滴を1日でこなす日です。
私自身はなすがままなので、病院側が大変なだけですね。(^▽^;)

朝は8:30受付開始なのですが、余裕をみて8時過ぎに到着。
再来機開始前なので、順庵待ちカードを渡され、順番は「44」番目。
ほとんどがお年寄り。
以前なら「年寄りは朝が早いから」で終わっていたのですが、自分も病気になり、
体調・体力に不安があると余裕を持って行動してしまうのだなーと分かります。

受付後、すぐに尿検査と血液検査。私は番号とは別で呼ばれ少し早めに採血。
採血してくださる方は顔見知りなので安心ですが、
反面、こちらが慣れていることもご存知なので、注射は「ブスッ」という感じで遠慮なし。(笑)
それでも今まで使ってなかった右手なので、スンナリ採血完了。
きっとこの後、超特急で検査結果を出して、結果が出次第、診察。

採尿・採血して1時間弱で診察室に呼ばれました。
結果、案の定、白血球がかなり低く、2.9L。
先生も少し悩んだ結果、思い切って点滴は予定通り実施。
過去、2.5Lだど中止にしていたので、ぎりぎりみたいです。
「何か、気をつけることはありますか?」と聞いてみたところ、
「高熱には気をつけてください」とのこと。
ふむふむ毎日、検温ですな。

そして、化学療法室へ。
アバスチンが60分に短縮になったとはいえ、なんだかんだで4時間コース。
毎回問題となる針を刺しですが、場所の見極めに少し時間をかけたものの、
今回も1発で無事に入りました。やはり夏で暑いからなのかな?
・・・と思っていたら、パクリタキセルになったら、
痛みが出始め、薬剤が漏れ始めてきました。じんわりという感じだったので量は少し。
漏れていたのは、針を固定するロックが緩んでいただけだったので、
ロックする部分を交換し、ちょっと薬剤を触ってしまったので、石鹸で手洗いし、処置終了。
ただ、漏れ以上に痛みも問題で、血管を傷付けてしまうので、針刺し直し。
うーん、結果的に2回刺してしまった。
でも、刺し直した後は痛みは全くなくなりました。今も腫れたりなどもしていません。

15時前に終了し、会計はアバスチンがあったのでやはり9万円以上。
そして帰りはとても暑い時間帯だったので、家に着くとぐったりです。
ちょっとだけ仮眠。(_ _).。o○

検査もあったせいか格別に長く感じました。。。ふぅ。



↓ここをクリックいただけると、再発にも立ち向かえるかも。

乳がん ブログランキングへ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)