FC2ブログ

タキソテール(3クール):第2日目

タキソテール(3クール)の第2日目です。

昨日、発熱したのでドキドキして一晩過ごしましたが、とりあえず平熱。
軽い倦怠感や指先の痛みはあるものの、今日のところは強い副作用は出ていません。
症状が出るとしたら、明日くらいからかなー。

さて、昨日の続き、化学療法室からです。
いつもより1時間ほど遅いものの、5-6名いたので孤独感なし。

血管をとりやすくするため、最近はカイロで腕を温めるのですが、
今回はカイロを渡された際に、「ぎゅっと握っててください」とのこと。
いつもと違うなーと思いつつ、言われた通り、ニギニギ。
後で理由を聞いたら、指先から暖めるほうが効果的らしい。たぶん。
とはいえ、点滴を入れる際に、当番の先生もちょっと悩んでいました。
同じ日に採血したこともあるかな・・・。(-_-)
結局、点滴は腕の内側になり、入れる時は少し痛かったです。(T_T)

しばらくして、看護師さんが巡回してくださった時に気付いたのですが、
、、、な、なんか漏れちょる!!ちょっと血も混じっているかも!!!
特に痛みなどはなく、全く自分ではわかりませんでした。
原因は、点滴の針と管をつなぐ箇所が緩んでいたため。
固定用テープをはがして、点滴針を入れたまま、締めてもらいました。(笑)

そうこうしていると、ゴゴゴゴッって音と同時に、
皆の携帯・スマホが地震速報で鳴り始めました!
うーん、けっこう揺れたものの、ここの地域は震度3とのこと。
確かに、化学療法室も病院も落下物などの被害もありませんでした。ほっ。
治療中の身だと、病院が一番安心かもしれませんね。

通路を挟んで向かいの女性が、何かの点滴(抗がん剤かどうが不明)を始めて、
しばらくして、手の痒みを看護師さんに訴えていました。
最初は「気のせいかなー」みたいな雰囲気でしたが、
徐々に、呼吸が苦しくなり、舌が痺れてきて話せない、、、といった怖い状況に((;゚Д゚) 。
何人も看護師さんが集まり、心拍数や脈拍を計測する生体情報モニタ(だっけ?)が装着され、
電話で症状を説明したり、先生を呼び出しています。
先生(偶然、私の主治医の先生)が診察し、ともかく、その点滴は中止。
少し離れた個室の部屋へ運ばれて行きました・・・。
詳細はさっぱり分かりませんが、看護師さん達の様子だとその後回復された様子。
(看護師さんとご本人と話す声が遠くから聞こえてきたので。)
よよよ、良かった~。(´▽`) ホッ
実は私、間が悪く、本当はトイレに行きたかったのですが、空気を読んで我慢。
切羽詰ってなかったからですが。(^▽^;)

私は無事終了し、会計を済ませ、夫のお迎えで帰りましたー。
点滴も残り1回です!



↓ここをクリックいただけると、、、何だかんだ言っても頑張れそうです!

乳がん ブログランキングへ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)