FC2ブログ

タキソテール(2クール):第1日目

今日は予想に反して、予定通りタキソテール投与となりました。

予約時間の30分前(9:00)に診察室前に到着、すでに10名近く待っています。
診察順番のボードにまだ私の番号はなかったので、のんびりしていると、
突然、私の番号に変更になり、ワタワタと診察室に入りました。オットォ!(・oノ)ノ
抗がん剤の開始は10:00なのでかなり早過ぎ。看護師さんの検温も間に合いません。
この時点では、「今日は延期になるから早くしてくれたのかなー。」と考えていたら、
「血液検査の数字は良いので、今日は予定通りやりましょう!」と第一声。
一応、タキソテール1回目の副作用である発熱、筋肉痛、脱毛などを説明すると、
「また、抜けたんですかー。そういう人もいるんですよね。」とのこと。
1週間程度続いた発熱に関しては、特にコメントなし。
主治医の方は、前回より顔が痩せてみえました。でも今日も何も聞けず。

そうそう、血液検査結果です。
【白血球】4.2→3.7(L)
【好中球】67.2→75.4%

スムーズに診察が終わり、化学療法室へ行くと、
患者は誰もおらず、看護師の皆様は打ち合わせをされている模様。
「あら。もう診察終わったんですか?点滴は10:00からですよ?」
「ですよねー。ちょっと売店に行ってきまーす。」と勇んで行ったものの、
結局買ったのは、水のみ。いろはす。
科学医療室の前のベンチでもう1人の男性と共に待ちます。

9:30頃に呼ばれて入り、指定されたベットでスタンバイ。
血管を確保するため、カイロで温めつつ、10:00まで待ちます。
時間になると若い男性の先生が点滴を入れに登場。
私の血管をトントンと叩いて確認すると、「この血管なら、アレが使えますね。」と。
周りにいた看護師の方も、「でも持ってきますね!」と小走りに何かを取りに。
持ってきたのは、どうやら最新の点滴針の模様。
どうやら私で試すようで、他の看護師の方も集まってきました。
え?なになに?私、人気者? (*´σー`)エヘヘ  、、、ではないですね。

使い方をあーでもない、こーでもないみたいな話をした後、刺されました。
慣れていないせいか、機能なのか、今までより強い痛み。
すぐに刺さったものの、点滴が落ち始めると、もっと痛くなってきました。Σ(゚口゚;
先生はすぐに異変に気づいたらしく、すぐに抜いて普段の針で別の場所に変更。
若くて、おっとりした感じの先生(失礼!)ですが、しっかりしていましたー!

ちなみに新しい点滴針のメリットを聞いてきました。
針の金属部分がどうの、シリコンがなんだとの説明は、ちんぷんかんぷんでしたが、
要は針を刺した時の出血を最小限に抑えるようになるのだそうです。
医療はこうやって少しずつ現場で進展しているのですね。
一応、痛みが強い事も報告しておきました~。

それ以降は順調に終了。
終わった後、左手を見ると、血管部分が赤くなって、「静脈炎」とのこと。
立派な?病名は付いていますが、特に対策はないそうです。
敢えて言えば、冷やしたほうがいいかな、みたいなザックリした感じ。
案の定、迎えに来てくれた夫に見せた時は、赤みはひいていました。ヽ( ゚ 3゚)ノ

今日の副作用は、食欲は問題なしですが、
夕方から手足のしびれ、それから軽い眩暈。前回、処方されたプリンペラン服用。

明日以降はどうかな~。ε= (++ )



↓ここをクリックいただけると、、、暑くても頑張れそうです!

乳がん ブログランキングへ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)