FC2ブログ

日々感じる症状のこと

今回は症状についてです。

夕方ごろになると、ちょうど病巣にあたる部分に痛みを感じるようになります。
我慢出来ないほどではなく、暫くすればおさまります。

また、右側の首筋が痛くなり、右腕全体が重くなります。
これは乳がんと関係あるかどうかは、分かりませんが、、、。

ともかく、年末年始になりますが、疲れを溜めないように、
のんびり過ごしまーす。
スポンサーサイト



手術前検査~後半(最後)

金曜日、最後の検査である、CT造影検査でした。
通常のCT検査とは異なり、「ヨード造影剤」を静脈に注入して撮影することで、
小さな病変がより明瞭になり、正確な診断ができるそうです。

この検査は、副作用の可能性があり、事前に同意書を提出します。
2%の確率で吐き気や発疹、0.1%で呼吸困難・意識障害、極まれに死亡にいたるとか。
まあ、とはいえ、この際なのでちゃんと検査してもらいたいので、さっさとサイン。

検査前に(午後検査の場合)朝食をとらない、水分を多めにとっておく、など
一般的な注意事項があり、それはいいのですが、、、
「造影剤注入時に体が熱くなることがあります」って、、早速、Webで検索。
「一気に体が熱くなって死ぬかと思った」「急激に熱くなってびっくり」など、
けっこう恐ろしい記述が目につきます。副作用以上にどきどきしてきます。

検査服に着替えて、いざCT室へ。CTに横になり、点滴を静脈へ注入します。
最初、上手く静脈がとれなかったのか、液(生理食塩水)がこぼれてしまいました。
(たぶん)看護師の人がすごく謝って、別の人が「ゆるいんじゃないの?」と少しワサワサ。
でも私は、造影剤注入後の「熱くなる」のことで頭がいっぱいで、全然気になりません。
まあ、余裕がないとも言いますが・・・。

点滴注入後、両腕を上げて万歳のようなポーズになります。
検査する人の指示で、息を吸って止めて、CTが動きます。
そして検査する人が来て「朝食、何時に食べました?」と質問。
「9:30ぐらいです(注:10:00以降食事してはいけない指示)」
「そうですか」と戻っていきます。何か残っていたのかな?

そしていよいよその時が!
看護師のおば様が「造影剤入れたらちょっと熱くなるけど普通だから」と優しいお言葉。
ちょっと?本当にちょっとなの??「もうドキドキですよー」と言うのが精一杯。
「造影剤はいりまーす」
(点滴を入れた)左腕がじわじわしてきて、数秒後に確かに体が熱くなりました。
一瞬で多くの汗をかきましたが、死ぬほどではありませんでした。
で、その後、胸のあたりをCTが一回通過して、「はい、終わりました」。あっさり終了。

そして、そのまま点滴をしたまま、廊下で10分ほど待ちました。
点滴が終わって、針を抜くときに、今度は注射器から血が噴出し、検査着にかかりました。
看護師さんが「抜いてここをぎゅって持ったら出ちゃったー」と。そりゃ出るわ。
でも、私の検査着でもないし、特に影響はないので、「全然大丈夫ですー」。
無事に検査が終わったので余裕です。患者自ら和ませようと、話をふります。
「今日、予定時間よりけっこう早目に来たんですが、すぐ検査してもらって助かりました。」
「年末なので、先生の手術が少なくて早めに出来たんですよ。普通は予定通りにしますけど。」

え・・・?先生、いた??

謎を残したまま、検査はすべて終了し、お茶を飲んで帰りました。









家族への報告~お姑様編

父のアドバイス(?)を受け、自分の母親に伝えるべきか否か、、、
悩んだ結果、同じ「母親」であるお姑様に相談することにしました。
腹が据わっていて、懐の深い、頼りになる人です。

話した最初は、とても驚いて心配してくれました。
そして「大丈夫、絶対治るから」と、落ち着いた心強い励まし。

私の母親に伝えるべきかどうかについては、「きちんと伝えるべし」と。
子供がいくつになっても親は親だから、と。

いつまでも隠せるものでもないし、後で分かったほうがショックですもんね。
もうすぐ帰省するので、その時に顔を合わせてから話そうと思います。

そしてお姑様からは「何でも買ってあげるからね!」とも。
とりあえず、フランス料理をご馳走していただくことになりました。

何をおねだりするかは、時間をかけて考えまーす。

家族への報告~父親編

病気が病気なので、遠方に住む両親へも伝えねばなりません。
まずは父親に電話しました。
既に定年退職していますが、何十年も刑事畑を歩み、とても頼りになります。

病気のことを伝えると、とても心配してくれて、、、
いつもは強面でぶっきらぼうですが、優しい父だと再確認しました。

が、母親にどう伝えるかという話題になった途端、
「俺からが絶対言わない」「もし話さないなら俺もずっと黙っている」 (;゚Д゚)エエー
・・・・きっと父親も言いにくいのでしょうね。
まあ、本人からきちんと言うべきというのは確かに正論です。
「カネオクレ」などとは訳が違いますからね。ちゃんと自分で話します。

そして父親から注意事項。
「病気のことは家族以外に話すなよ」
「えっ?なんで??」
「そんなの酒の肴になるだけだ」
「でも入院・手術だと自宅療養含めると最低1ヶ月は休むから上司には言わないと。。」
「ちょっと調子が悪いって言っとばけいい!」(  Д ) ゚ ゚
「・・・うん、分かった。旦那と相談する。」

既に友人や会社関係には話し済みとは言えませんでした。しかもWebで公開中(汗)。

お父さん、ごめんなさい。

皆様へのご報告

現在、会社員として仕事していることもあり、仕事で影響のある人へは、病気のことをカミングアウトしています。
皆さんとても心配してくださいます。本当にありがたい限りです。

また親しい方々へも同様に伝えています。
楽しい話ではないので、躊躇しましたが、お休みに入れば分かることです。
自分勝手とは思いましたが、、、何も話さないのは水臭いかなと考えて直接話しています。
いつ伝えるか?今でしょ!という勢いです。本当に自分勝手ですね。。

化学療法等が始まって、体に合わないと1年程度は出社できないかもしれませんしねー。

今の心配は、、、大騒ぎした結果、あっさり復帰してしまうことです。(笑)

まあ、フラグっぽくなるので、この辺で・・・。

両利き化計画

私の場合、リンパ節に転移しており、リンパ節を郭清(切除)の予定です。
手術後、「リンパ浮腫」を発症する可能性があり、防ぐための注意事項がいくつかあります。

そのうちの1つが、「腕を酷使しない」です。
私は生粋の右利きであり、手術の場所も右側です。うーん、それは困る・・・。

ということは、左利きまでとは行かなくても、両利きになれればいいのでは!
左利きになると右脳が発達し、判断力や直観力が強くなり、
さらに両利きだと、脳をバランス良く発達するとか。

左利きの人にアドバイスをもらい、
日々、右手でやっていることを左手でするようにすれば良いとのことでした。
それではと、スプーンを左手で持って、デザートを食べたところ
、、、こぼしてしまいました。む、難しい。
その後、カレーを食べたりスープをすくったり、フォークでサラダを食べたり、、、。
やっぱり、何倍も時間がかかります。うーむ、けっこう道のりは遠い。。

今日は、テレビのリモコンは左手で変えました!! 出来るところから・・・はは。

Epic買いました~

450円の椎茸を躊躇して買わなかったのに、Celluon Epic(シルバー)を購入しました。
赤外線映像でキーボートを再現し、スマホへキーボード入力できるという代物です。
Bluetooth操作なのでケーブルは不要。

入院中にPCを開くのは難しいと思い、スマホでいろいろするために思い切って買いました。
スマホのキー入力を覚えるより、こちらのほうが早いと判断した結果です。(自慢じゃない)

まずは設定。「ペアリング」とやらをして、Epicに対象のスマホを認識させる模様。
ペアリングさせるという背面のボタンを押してもまったく接続されず、結局Webで検索。

スマホ側のBluetoothがオンになってなかっただけでした・・・。
オンすれば自動で検索し、リストされたデバイスから選択するのみ。とっても簡単でした。

平らなテーブルなどに赤外線を映しているたので、キーを押した感覚はないのですが、
キーを押すと「ぴっ」と音が鳴り、思っていたほど違和感はありませんでした。
(音はミュート可)

今日は使えたことで満足。近いうちにこのブログもスマホから更新しま~す。



有機野菜を買いに!

なんだかんだで、読んだ本の影響を受け、早速有機野菜を買いに行きました。
これまではほとんど立ち寄らなかったのですが、幸い家の近くにあったのです。ラッキー!

予想はしていましたが、やっぱり高いですね。(汗)
低農薬はそうでもありませんが、無農薬野菜は普通のスーパーで売っている野菜の数倍!
たとえば、椎茸6本パックで、約450円!何度か手に取った挙句、結局買いませんでした。

本日購入したのは、以下の通りです。
・オーガニック・エキストラバージンオイル  1,029円
・オーガニック・ノンカフェインハーブティ(20ティーバック)  567円
・緑豆もやし                         91円
・ベビーリーフ                        250円
・ピーマン(6個)                      298円
・桜上用(和菓子・3個)                   504円

もやしは水耕栽培なので、基本、無農薬野菜とのこと。栄養価も高いので助かります。

しかし、、、和菓子は余計でした。おいしかったけど、反省中。
 




牛乳が原因?

検査の待ち時間を利用して、勉強用に買った堅いほうの本を読みました。
「乳がんと牛乳」というタイトルから分かる通り、
乳がん(及び前立腺がん)の原因は牛乳だという本です。
著者の方本人は4回乳がんを経験している地質学の科学者です。
本人の闘病の経験などもきちんと書かれていますが、
乳がんの原因を探っていく過程は大変興味深く読むことができました。

単に牛乳飲むなというだけでなく、豆類や(有機栽培の)野菜中心の食生活にするとか、
人工の調味料が含まれる物を口にしないとか、といったことも書いてあります。
時間的・金銭的制限や嗜好を除けば、体に悪いことは無さそうです。

ストレスを感じない範囲で生活習慣を変えていこうと思います。

早速、日々の飲み物は有機栽培のハーブティーに変えてみました!



がん保険

すっかり忘れかけていたのですが、、、実は入社間のない頃に、がん保険に加入しました。
止める理由もなく、なんとなく続けていたのですが、やっと出番です。
理由はどうあれ、無駄にはなりませんでした。(笑)

加入していたのは、アフラックの「スーパーがん保険」2口。(月払:2,180円)
なんと契約日は1992年!20年以上前です。
当時、社内で良い条件で募っており、皆が加入するので流れで私も加入しました。

がん保険だけあって、がんと診断された時の一時金が200万円!!
がんでの入院が1日につき30,000円。
一時金は思わぬ臨時収入に目がくらみそうですが、
手術後の通院費や化学療法による費用(ウィッグなど)がありますからねぇー。
(私の契約内容では、20日以上の入院でないと、通院給付金はでません。)

何はともあれ、治療にかかる諸々の費用を気にしなくて良いというのは、
思った以上に精神的負担が軽くなりました。

先進治療が必要になりませんように。