FC2ブログ

切ってきました!

今日、美容院へ行ってきました。

いつも行く週末とは違い、
平日月曜日なので、美容院はとても空いていました。

早速、担当の美容師さんに「思い切ってショートにしたいんです!」
と、伝えるととても驚かれました。
5-6年のお付き合いですが、初めてのリクエストですからねー。
(予約の際に受付の方には伝えたのですが、伝わっていませんでした。)

私は癖毛なので、その手入れを最低限にするためにストレートパーマをかけたり、
髪を伸ばして、髪の重さでなんとかごまかしたりしていました。
そんな私が突然「ショートにします」宣言なので、かなり怪訝そうな表情。

仕方ないので、正直に、
「実は病気治療で使う薬の副作用で髪が抜けるので、、、。」
と伝えました。(一応、病名は伏せました。)
それで合点がいったらしく、理解してくれました。

で、早速、どういった髪型にするかを相談。
担当の美容師さん曰く、
私の場合、癖毛にストレートパーマをかけている状態なので、
いわゆるショートやベリーショートにして"段をつける"と、
伸びかけの癖毛とストレート部分が混在して、まとまらないとのこと。

提案は、ショートボブ。
ある程度長さがあったほうが、抜けるまでは扱いやすいとのアドバイスです。
私のこれまでの状態からみて、「この人には無理」と分かっている模様(笑)。
もしそれで困るようだったら後で、切ることも出来るから、と。
確かに。切った後では、どうしようもないですからね。(抜けちゃうけど。)

その提案を全面的に受け入れ、早速バッサリやってもらいました。
カットしてもらっている間、リアルなウィッグは高いという話になりました。
予定だと抗がん剤治療終了後は生えてくるので、
高い物を買うのはもったいないな、と。何万もしますからねぇ。

美容師さんのアドバイスは、安いナイロンのウィッグにして、
ニットキャップとかをかぶっておけば普段は目立たないのでは?とのこと。
確かに、ちょっと出かけたり買い物したりなら、それで問題なさそうです。

ただ会社に復帰した際は、やっぱり必要かなぁと一瞬心配に。
まあ、いつもの通り、その時に考えることにして終了です。

カットしてもらった髪は、顎の上くらいまでの長さなのですが、
そして、自分で言うのもなんですが、
思ったより似合っている気がします。(笑)

そして今日は、頭皮へのいたわりを込めて、ヘッドスパも追加しましたー。

帰宅した夫の感想。
「やっと、主婦っぽくなったね!」
・・・どういう意味なのか、突っ込めず終了。



↓ここをクリックいただけると、リハビリも頑張ります。

乳がん ブログランキングへ
スポンサーサイト



今日の諸事(病院と美容院)

今日は諸事をこなしました。

最初に歯医者へ電話。
来週の火曜に詰め物を入れる予定ですが、それ以降の治療もあるかもしれず、、、
歯医者さんへお知らせすることに。
ストレートに「抗がん剤治療が始まるので。」とお伝えしたところ、
電話には出てくださった女性(おそらく歯科衛生士の方)は、
とても丁寧に対応してくださり、
「○○と申します。必ず先生にお伝えしますね。」とのこと。
まずは、来週予定通りに行けば良いことになりました。

次に乳がんで通院している病院へ。
今朝、会社へ提出するための診断書が作成できたとの連絡をいただき、
引換証(と、診察券)を持って、受け取ってきました。
受け取りは5分もかからず、終了。
中身を確認すると、
「1/17に手術」「3/3に事前検査、3/4から約半年間の化学療法」
と事実が淡々と記載されていました。
実は今は、年次有給休暇で休んでいるのですが、
化学療法後に復帰した後のことも考え、出来るだけ休職にきておきたいのです。
この記載だと、いつから病気休職に出来るんだろう・・・?
来週中に一度出社して、上司と相談です。

病院からの帰る足で、いつも行く美容院へ。
化学療法が始まる前に髪を切っておくため、買い物ついでに予約を入れに。

万が一、「今日できますよ」と言われた時に備えて、イメージしておくため、
本屋でヘアスタイルの雑誌を立ち読みするも、、、
雑誌のモデルは似合っても、私に似合うかどうか、髪質が適しているかなど、
到底、分からないことに気付き、いつも担当してくださっている美容師の方と
相談するほうが良いと、早々に方針変更。
予約に行くと、週末は一杯だったので、来週月曜になりました。
「今日はいかがですか?」とは言う気配もなく(苦笑)、、、
早々に雑誌の立ち読みをやめて正解でした。結果オーライ。

後は買い物をして、帰宅。
けっこう充実感のある1日でした。(私的には。)



↓ここをクリックいただけると、リハビリも頑張ります。

乳がん ブログランキングへ

やっと、荷造り終了~

本日朝9時に入院すべく出発予定。

やっと荷造りが終わりました~
持参する物は、リビングに敷いたシートに数日前から並べてありました。
数日間は、並べた持参分が嫌でも目にはいるのですが、
想定していない忘れ物などがないようにするためのチェックの意味もあります。

さきほど、朝起きて、それらを荷造りしていました。
3日分くらいがはいるキャスターがメインで、はみ出た分は紙袋。
入院先で荷物は移すので、スーツケースは置き場に困りますしね(笑)。

ちょっと悩んだ結果、
一番重いのは本だったため、キャスターへ本をギュウギュウに詰めて、
着替えや日用品は紙袋。(←病院の引き出しなどに移すし。)

やっぱり、本は重いのでキャスターないとね。

さて、主役(?)の私もそろそろ準備しまーす。

それでは行ってきます!



↓こちらをクリックいただけると、毎日の励みになります!

乳がん ブログランキングへ

細胞診、終了~

今日は15時から追加の細胞診でした。
正式名は「穿刺吸引細胞診」というだそうです。(今、調べて知りましたー。)

私の場合、リンパ節への転移の疑いが濃厚なのですが、
この検査をすることで、切除する範囲が狭くなるかもしれません。

この検査は急にスケジュールしてもらったので、
待ち時間が長くなると聞いていました。

受付後、、、
病院は適温で心地良く、まずはうたたね。( ̄、 ̄@)zzz
すると担当の先生が様子を見に来てくださいました。
今日の検査は、乳腺外科の先生で、その先生に話をしてくださり、
時間がかかることを再度伝えてくだいました。
で、その後、検査を担当する看護師の方へ、
「この方(私)は乳腺外科の先生の顔を知らないので、引き合わせてください。
乳腺外科の先生によろしく伝えてください。」
と、伝えて去っていかれました。いい人です!

1時間半ほど待って、いよいよ検査開始です。
看護師さんの指示に従い、上を脱いで横になって待ちます。
急な追加検査なので、先生がイライラしていたらどうしよう~と、
どきどきして待つこと数分。
入ってきた先生は、温和で優しい方で、ほっとしました!
すると看護師の方2名が、
Aさん「担当の先生がよろしくお伝えくださいとおしゃってました。」
Bさん「担当の先生がよろしくだそうです。」
と輪唱のごとく、乳腺外科の先生に伝えてくれました。
報・連・相、ばっちりです!

で、肝心の検査。
再度、エコーで手術予定の右側だけでなく、左側もリンパ含めて一通り。
今日のメインの右側リンパはモニターで一緒に見ながら説明うけました。
黒い塊があり、そのなかでずば抜けて大きいものが転移の疑い濃厚な"ブツ"です。
その黒い塊はよーく見ると、黒い輪になっていて、中心に白いものがチラチラ見えます。

うーん、こいつがそうか!こいつの細胞を今日は採取です。
採取する注射器は針が細いせいか、あまり痛くありませんでした!
刺した後、吸引してるなーという感覚があり、2回繰り返しました。
無事終了~。

終わって服を着ようとしていると、看護師の方が「気持ちだけも」といって、
先生との間をバスタオル持って立ちはだかった隠してくれました。
それまで見られていたので、小娘でもないのでどーってことないのですが、
やはりそういった気遣いは嬉しいです。

そこで、おもむろに先生が、
「なにやってんの?そこのカーテンで仕切れば??」
看護師さんと一緒に、ハッとして端に寄せられたカーテンを見ました。
なんで気づかなかったんだろう・・・。二人共(笑)。

検査結果は明日の夕方、担当の先生から聞きまーす。

そろそろ入院用のパッキングをしなくては。


↓こちらをクリックいただけると、毎日の励みになります!

乳がん ブログランキングへ




「限度額適用認定証」とは?

今回の入院手続き書類のなかに、
「限度額適用認定証」申請に関する物があり、、
今日(やっと)会社の健康保険担当へ連絡し、申請書を請求しました。

この認定証を予め提示し、自己負担分(医療費の3割)を超えた支払いをしなくてよい制度です。
一旦、超えた分も含めて支払っても、後で手続きをすれば返金されます。
後から返金手続きは面倒ですし、何より支払い時に用意する費用が少なくて済みます。
支払いの時に、ドキドキしなくて良さそう~。(笑)

ちなみに、外来も適用範囲だとか。
公的なプロセスも少しずつですが、便利になっているようですね。

そういえば、、、今回の手術費用って何円になるのか聞いていないなー。
安くはないはずなのに、病院でお見積もりってあまり見ませんよね。
金額にはよりますが、、、命や健康に深く関わるなら、値切ったりしませんが。
でも、調べておかないと。

ちなみに、病室は4人部屋で、1日あたり3、150円(税込み)をリクエストしています。
どんな様子かは、入院後に・・・。


↓こちらをクリックいただけると、毎日の励みになります!

乳がん ブログランキングへ