FC2ブログ

やっと両親に報告

再発の疑いがでて、検査の結果確定して、、、やっと、今日、両親へ伝えました。

特に母親はいろいろ心配してくれました。
「抗がん剤したら、もう治るのよね!?」と言うので、
「うん、終わったら治るって」と答えてしまいました。(適当(・・;))
リンパ節とはいえ、再発したということは、
微小転移はしているから、「治る」っていうのはないかなぁと思いながら。
これも方便というやつですかね。どう取り繕おうと、事実は変わりませんが。

昨日は痛みであまり眠れなかったので、今日はとても眠い1日でした。( ̄□ヾ)ネムー
さて、ぼちぼち寝ますー。



↓ここをクリックいただけると、再発にも立ち向かえるかも。

乳がん ブログランキングへ
スポンサーサイト



これからの治療方針決まりました。

様々な検査を経て、本日はその結果を聞きに、夫と病院へ行って参りました。

結果から言うと、骨、脳含めて他の臓器への転移はありませんでした。ひとまず、ほっ。(*´∇`*)
ただ、いくつかのリンパ節には再発(転移)が見られました。

鎖骨下辺りにあった腫れは、大胸筋・小胸筋へ浸潤している可能性のある、リンパ節再発とのこと。
また、PETでは、右胸骨傍のリンパ節転移の指摘がありました。
(ただし、これは最初から見つかっていたもので、その時から変化はないとのことでした。)
加えて、腋窩リンパ節にも腫れているのが見つかりました。

リンパ節が踏ん張ってくれて、他への転移を防いでくれたのかなぁという感じでした。

前回の説明では、遠隔転移がなければ手術という説明で、麻酔科の説明も済んでいたのですが、
手術はしないことになりました。
リンパ節とはいえ、大胸筋・小胸筋へ浸潤している可能性があるので摘出が難しいのと、
右胸骨傍のものは肋骨を切断しないといけないそうです。
そこまでして手術をしても、トリプルネガティブかつ早期再発なので、再々発する可能性もあるためです。

したがって、、、まずは抗がん剤治療して、これらの「腫瘤」が増大するか縮小するか様子をみることになりました。
今回は、タキソール週1×3回し1回休薬、アバスチンを第1日目、15日目 に点滴。
うーむ。点滴前に採血があることを考えると、左腕の血管がもつかなー。

先週金曜の骨検査の際の注射跡がまだ青いまま。。。とほほ。
そのことを先生に相談したら、「ポートを埋め込むことも考えないといけないかも」とのこと。
まあ、今悩んでも仕方ないので、とりあえず抗がん剤治療を始めて、
どうにもならなくなったら考えようと思います。(←行き当たりばったり)




↓ここをクリックいただけると、再発にも立ち向かえるかも。

乳がん ブログランキングへ

早々に報告

昨日、再発が発覚し、今日は早速、会社で報告。さらっと。

休職している間、復職した直後に支えていただいたのに、正式復帰して4ヶ月。
こんな短期間で、また戦線離脱。
早々に伝えないわけにはいきませんからね。

来週、検査で何日かお休みするとも伝えたので
「まだはっきり決まっていないんだよね?」と
励ましてくださる方もいたのですが、
「いやー、それがー」と正直にほぼ確定であることも伝えました。
今更ごまかしても仕方ないですからねー。

いろいろ準備しておかなくては。ヽ( ゚ 3゚)ノ



↓ここをクリックいただけると、再発にも立ち向かえるかも。

乳がん ブログランキングへ

再発しました!

皆様、ご無沙汰していました。
いろいろメッセージをいただいていたのですが、復職後の忙しさにかまけてお返事出来ず申し訳ありませんでした。

忙しさも落ち着いて、ぼちぼち復活かなと思っていたところ、なんと再発と診断されてしまいました!

先週の金曜の夜に全摘した右乳房の上の鎖骨あたりに"腫れ"に気付きました。直径3-4センチくらい。
次回の定期健診は7月中旬だったので、そこまで待とうかとも思ったのですが、
ちょうど仕事に余裕が出来、休み易かったため、土曜に病院へ電話し、本日行って参りました。

朝、病院に行ったものの、主治医の先生は午前中は予約がいっぱいで、午後に予約をとり、出直し。
最初に診察していただいた時は、「全摘した後にも脂肪とかつきますしねーと」特に問題無さそうだったのですが、
念のためエコー検査していただきました。(結果的にこれが良かった)

エコー検査の際、技師の方が、「腫れ」の箇所をちょっと見た後、「ここは後にしましょう」と言って、
残っている左側を確認してから、戻って「腫れ」のある箇所をじっくり診た後、
「何か菌が入っているかもしれなしから細胞診もしましょうかー。せっかく先生もいらしゃるしー。」と、
軽快な感じで、細胞診もしました。
エコーで数個の腫れがあったため、刺してから角度を変えて吸引して、それを2度行いました。
ふう。やっぱり注射は嫌いだー。

エコーと細胞診の結果を受け、再度診察したところ、「局所再発」しているとの診断でした。
主治医の先生はかなりショックを受けていらっしゃいました。。。
全摘して、リンパ節も10数個郭清、その後抗がん剤は治療。昨年10月のCT検査や2ヶ月前の診察では何もなかったにの、
今になって(見た感じ)大き目の腫れ(というか腫瘍)になってしまっていたのです。
けっこう珍しいようです。

先生「がっかりしましたよね・・・。」
私「いえ、、なんとなくそんな予感がしていました。」(ややどや顔)
先生「私は全然してません!」
私「あ、いや、私のは何も根拠ありませんので・・・。」(あわわわ・・)

ちなみに、なんとなく予感していたのは本当です。
ここ最近の疲れ方が、癌と診断される前の感覚と似ていたからです。それだけといえばそれだけですが。

さて、今後ですが「局所再発」ということで、まずは全身転移の有無を急ぎ検査することになりました。
詳細はその結果を受けてですが、
鎖骨のリンパ節だけであれば、再度手術して、その後、抗がん剤。全身転移していたら、やっぱり抗がん剤。
トリプルネガティブだから、他に選択肢がないのでした。とほほ。

診察の後、今日のうちに出来る検査(尿、血液、心電図、呼吸)をして、帰宅。
嵐のような1日でしたー。



↓ここをクリックいただけると、再発にも立ち向かえるかも。

乳がん ブログランキングへ